Loading

ブログ

革の単位

こんばんは。今日は革の単位についてです。結構お店でも問い合わせがある内容です。

当店ではカットして販売している切り革と半裁(牛1/2頭分)で販売しているものがあります。

エゾシカやヤギなどは1頭分で販売しています。そこのコーナーで聞かれるのが

「このdsってなんですか?」という質問。革は布と違って一枚一枚大きさが違います。

現在日本の革業界で使われている単位がDS(デシ)です。このデシは10デシとか100デシといった使い方をします。

1ds(デシ)は10cm×10cmの正方形です。つまり10ds(デシ)はこれ10個分の大きさということになります。

普段こんな単位使わない(笑)革の値段は1ds単価×ds数で決まります。

例えば・・。半裁の牛革は200デシ〜300デシの間くらいの大きさです。仮にこの革を1ds=100円としてみましょう。

254dsの革で1ds=100円と書いてある革があったら、254×100=25,400円といった計算です。あとは+税とか。

傷やシワ、汚れなども大きさの中に含むのでご購入前に広げて見てみるのがいいと思います。

今日はデシのお話デシた。bye!

帆布でコバ処理やってみた。

《ビギナー向け》基本講座第1楽章

関連記事

  1. アクセサリー部始動。

    2017.04.21
  2. ソフトなやつ入荷。

    2017.02.06
  3. 帆布でコバ処理やってみた。

    2016.10.04
  4. そろそろ革ネタ。

    2017.04.12
  5. ファスナーってどうしてます?

    2017.10.26
  6. 縁起物と新しいこと

    2017.01.12

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP